げんぱつチョキチョキプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/16(日)さよなら原発!小金井パレードの準備完了~。

明日はいよいよ、さよなら原発!小金井パレードです。
小金井のお母さんたちが地道に続けている心をこめたパレード。
母たちの子どもを思う気持ち、未来の社会を思う気持ちはすごいです。

げんちょきは、前回同様、Tシャツを販売させていただきます。
色、サイズを取り揃えてお待ちしています。

秋に向かっているとはいえ、まだまだ暑い。
寒くなっても、長Tシャツの上から着るとかわいいですよ。

明日の宣伝用プレートを作って、準備完了。

K3400262.jpg


あとはお天道様のご機嫌が良いといいな。

パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹でTシャツ販売しました

sky!.jpg

スッコーンと青空。

でも気温32度とキビシイ残暑。
近くの神社ではお祭り(お神輿をいくつも見かけました)。

そんな9月9日(日曜日)の午後。
「パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹」におじゃまして、Tシャツを販売しました。

T shirt

ウォークの集合場所の井の頭公園・西園です。近くにはジブリ美術館があります。

mother.jpg


木陰にシートを敷いて陣取り、参加者の方と会話を交わしながらの販売。

栃木から一人でいらした若い女性。ふだん周りの人とはあまり原発関連の話はできず、もっぱらTwitterで、とおっしゃっていたなあ。
お買い上げいただいたマスタード色のTシャツをさっそく着てくださってありがとう!
黄色は、このウォークのテーマカラーでもあります。

福島から避難されているという女性は、仲のよい友達が何人も残っていて心が乱れる、と涙ぐまれていました。



gathering.jpg

さあ、結構人も集まってきて、黄色い風船が配られ、シャボン玉が飛び、なんだかいい感じになってきました。


no nuke!


4時になり、ドラム隊やちんどんの音もにぎやかに出発です。
ウォークの様子はこちらの主催者ウェブサイトをご覧ください。
      ↓↓
「子ども達の未来と原発を考える1000人アクション」

600人の参加があったそうです。

快く販売させてくださった主催者さま、ありがとうございました。

小さなローカルがつながり、大きなうねりになりますように!

イベント参加報告【その2】こころと心をつなぐ福島支援

【その2】
7/21(土)に、
 『こころと心をつなぐ福島支援in武蔵小金井』に
げんぱつチョキチョキTシャツの販売で参加させていただきました。

『こころと心をつなぐカフェ』~郡山~のブログに
その時の様子がアップされています。
こちらをクリック

主催者の飯田しのぶさんは、福島県郡山市出身。
事故以来、実家のある郡山に毎週末のように通い、
安全キャンペーンを張られ、身動きができなくなっている
福島の人たちに、県外から今何が起こっているか、
何ができるかを必死に模索し、講演会を実施したり、
最近は人が集まって話せる居場所づくり、
また、内部被ばくを防ぐために西の野菜を届ける、
といった支援活動を始められたそうです。
このイベントも収益金はすべてその活動に当てられるとのことでした。
ゲストの白石清春さん(被災地障がい者支援センター)が、
3.11以降、福島県で起こったこと、被災地の障がい者支援の現場から、
をテーマにお話してくださり、

CIMG6164.jpg

音楽あり、

CIMG6165.jpg

グループ分けしての交流会あり、

CIMG6168.jpg

げんちょきといえば、こんな感じで、

CIMG6159.jpg

長テーブルを2台も贅沢に使い、ズラーッと並べ、
マイク持ってしっかり宣伝させていただき、見事30枚近くが売れました!!
1枚につき500円としてこの企画に寄付させていただきました。

そしておまけの写真ですが、

こちらの横断幕、チェルノブイリ原発事故当時に
小金井市やそれ以外の地域の方々で
当時デモをした際、作ったという20年以上も前の
反原発の横断幕。
その当時に言っていることと、今、私たちが訴えていることは
何ら変わらない・・・と思いませんか。


CIMG6160.jpg



イベント参加報告【その1】小金井市放射能測定室の上映会

イベント報告です!

【その1】
7/6(金)に、
小金井市放射能測定室運営連絡協議会主催の、
映画『内部被ばくを生き抜く』上映会&監督トークに
げんぱつチョキチョキTシャツの販売で参加させていただきました。

小金井市放射能測定室運営連絡協議会のブログに
その時の様子がアップされています。
こちらをクリック

げんちょきメンバーももちろんみなさんと同じように
参加費を払って、初の『内部被ばくを生き抜く』を鑑賞。
公民館の視聴覚室に100人近い人がびっちり!
関心の高さがうかがえました。
鎌仲ひとみ監督のトークも素晴らしく、
「どんな質問でも恥ずかしがらないで。気になることなんでも聞いていいのよ」
といった呼び水をきっかけに会場では質問が次々と湧き出るかのようでした。

小金井市放射能測定室運営連絡協議会は、
チェルノブイリの原発事故以降に
市民が市と協定を結び、市民ボランティアで運営、
20年もの間、地道に続けてきた経緯があります。
その長い活動の中で鎌仲監督ともつながりを持ってきたようです。
チェルノブイリ事故後、全国にあちこちでそのような動きがあり
あちこちで市民測定室などがあったそうですが、
福島第一原発事故後、そのような活動を続けているのは
全国でも小金井市のこの測定室と、もう一箇所(すみません忘れました)
しか残っていなかったというから、その活動に本当にリスペクト!

さて、長くなりましたが、
この日は、11枚が売れて、収益金の一部(1枚につき500円)を
測定室に寄付させていただきました。

ストロベリー登場!

お知らせするのが遅くなっているうちに、売れ行きグングン!

今までのバージョンに、ストロベリーが加わりました!

デモがあったり、イベント参加で売れ行きがよく
在庫が少なくなっていますが、追加発注もしますのでご安心を!

まずはストロベリーを紹介します。

strawberry_1.jpg

5月から価格改定の1枚 2,000円になりました
げんちょきTシャツですが、
今の種類は以下のようになっております。

genchoki_1.jpg

genchoki_2.jpg

だいぶ売れてきて在庫品薄の
マスタードとキウイもありますが、
売り切れたら終売にしようと思っていたところ、
とっても人気が高く、
「デモと言ったらシンボルカラーのマスタードでしょ!」
ってことで。ハイ。
追加でこちらも発注予定です。

マスタード

キウイ

品揃えが豊富になるのは
8月の半ばくらいになってしまいますが、
引き続き、電話、メール、ツィッターなどで
注文をお受けいたします。
いかんせん、メンバーが仕事の傍らで
完全ボランティアでやっていますので
少々お時間かかることもあるかと思いますが
ご理解いただけると幸いです。

では、次回はイベント報告でも!

********************************************************

◆げんちょきTシャツ購入方法◆

色、サイス、枚数を以下の手段でお伝えください。
Tシャツ代金+送料を先に、ゆうちょ口座へお振込みいただき、
入金確認後に発送いたします。

【ゆうちょ銀行 振替口座番号】
00120-0-728031
【口座名義】
げんぱつチョキチョキーズ
*振込手数料はご負担頂ますようお願いいたします。

【メールで】
gentyoki★yahoo.co.jp
(メール送信の際は、★を@に読み替えてお送り下さい)

【ツィッターからダイレクトメールで】
ツィッターアカウント:@gentyoki

【電話で】
042-387-7530(岡田方)

◆配送と送料について◆
ヤマトメール便にてお送りします。
1枚 160円
2枚 240円
3枚 400円
それ以降はご相談ください。

*ボランティア運営のため、
少々お時間をいただきますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。