げんぱつチョキチョキプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント参加報告【その2】こころと心をつなぐ福島支援

【その2】
7/21(土)に、
 『こころと心をつなぐ福島支援in武蔵小金井』に
げんぱつチョキチョキTシャツの販売で参加させていただきました。

『こころと心をつなぐカフェ』~郡山~のブログに
その時の様子がアップされています。
こちらをクリック

主催者の飯田しのぶさんは、福島県郡山市出身。
事故以来、実家のある郡山に毎週末のように通い、
安全キャンペーンを張られ、身動きができなくなっている
福島の人たちに、県外から今何が起こっているか、
何ができるかを必死に模索し、講演会を実施したり、
最近は人が集まって話せる居場所づくり、
また、内部被ばくを防ぐために西の野菜を届ける、
といった支援活動を始められたそうです。
このイベントも収益金はすべてその活動に当てられるとのことでした。
ゲストの白石清春さん(被災地障がい者支援センター)が、
3.11以降、福島県で起こったこと、被災地の障がい者支援の現場から、
をテーマにお話してくださり、

CIMG6164.jpg

音楽あり、

CIMG6165.jpg

グループ分けしての交流会あり、

CIMG6168.jpg

げんちょきといえば、こんな感じで、

CIMG6159.jpg

長テーブルを2台も贅沢に使い、ズラーッと並べ、
マイク持ってしっかり宣伝させていただき、見事30枚近くが売れました!!
1枚につき500円としてこの企画に寄付させていただきました。

そしておまけの写真ですが、

こちらの横断幕、チェルノブイリ原発事故当時に
小金井市やそれ以外の地域の方々で
当時デモをした際、作ったという20年以上も前の
反原発の横断幕。
その当時に言っていることと、今、私たちが訴えていることは
何ら変わらない・・・と思いませんか。


CIMG6160.jpg



イベント参加報告【その1】小金井市放射能測定室の上映会

イベント報告です!

【その1】
7/6(金)に、
小金井市放射能測定室運営連絡協議会主催の、
映画『内部被ばくを生き抜く』上映会&監督トークに
げんぱつチョキチョキTシャツの販売で参加させていただきました。

小金井市放射能測定室運営連絡協議会のブログに
その時の様子がアップされています。
こちらをクリック

げんちょきメンバーももちろんみなさんと同じように
参加費を払って、初の『内部被ばくを生き抜く』を鑑賞。
公民館の視聴覚室に100人近い人がびっちり!
関心の高さがうかがえました。
鎌仲ひとみ監督のトークも素晴らしく、
「どんな質問でも恥ずかしがらないで。気になることなんでも聞いていいのよ」
といった呼び水をきっかけに会場では質問が次々と湧き出るかのようでした。

小金井市放射能測定室運営連絡協議会は、
チェルノブイリの原発事故以降に
市民が市と協定を結び、市民ボランティアで運営、
20年もの間、地道に続けてきた経緯があります。
その長い活動の中で鎌仲監督ともつながりを持ってきたようです。
チェルノブイリ事故後、全国にあちこちでそのような動きがあり
あちこちで市民測定室などがあったそうですが、
福島第一原発事故後、そのような活動を続けているのは
全国でも小金井市のこの測定室と、もう一箇所(すみません忘れました)
しか残っていなかったというから、その活動に本当にリスペクト!

さて、長くなりましたが、
この日は、11枚が売れて、収益金の一部(1枚につき500円)を
測定室に寄付させていただきました。

さようなら原発10万人集会に参加しました

7月16日の「さようなら原発10万人集会」に、有志2人で参加してきました。

暑かった!
でも、代々木公園は木々が豊か。
なるべく木陰にいるようにして体力を温存しました。

続々と集まってくる人たち。
最終的には17万人にものぼったとか。

こちらでは20万人と報道されていますね。
ドイツのシュテルン誌ウェブサイト

メイン会場での集会。
グラウンドに入りきれなかった人たちが周りを何重にも囲み、
発言者の言葉に耳を傾けていました。
祈るような表情で聞いている人もたくさんいました。

木に登って観覧する人も!

tree climber



いろいろ出店もありました。
先日の世界平和映画祭でブースの一部をお借りした「経産省前テント村」さんも
出店されていました。
誰でもマイクアピールできるコーナーもあり、途切れることなく皆さん思いのたけを訴えていました。


集会のあとのデモ行進。
警察の規制がきびしく代々木公園から原宿駅に到達するまでが一苦労でした。
30分ほどほとんど動かない人人人の中で蒸し風呂状態・・・
でも表参道まで来たら流れるようになりました。

omote sando



歩道橋上の人たちとエール交換。
写真では見づらいですが、このバナー、カラフルなインクで手形を押してデザインされたもので、とてもキレイ。
げんチョキTシャツとも通じるところがあるかな、なんて。

banner.jpg



この傘、日本舞踊で使うものなんですって。手書きのNUKES NO!の文字は手書きだそう。

parasol.jpg




私たちはゴールの新宿まで行かず途中で離脱しましたが、過激でないゆるゆると歩けるこんなデモがしつこく何度でも何度でも繰り返されることって大事だなと思ったことでした。

げんぱつチョキチョキーズ、これからもいろんなイベントに顔を出して(時間とカラダの許す限り、ですが)、なるべく多くの方々とつながっていきたいです。

次回は7月21日(土)に、武蔵小金井で行われる『こころと心をつなぐ福島支援』というイベントに参加します。
げんちょきTシャツも販売しますよ~。




テレビでは報道されない福島で起きていること


3.11からの障がい者支援の現場と

子どもを抱えて過ごす福島県内の母たちの声

風化させないために伝えたい。。

『こころと心をつなぐ福島支援』

2012年7月21日(土)13時30分~16時45分

13時00分 受付開始
13時30分 ~15時

『2011.3.11から福島県で起こったこと。被災地の障がい者支援の現場から』
  被災地障がい者支援センター 白石清春さん
『2011.3.11から福島県で起こったこと。お母さんたちのサロンに集まる声』
  こころと心をつなぐカフェin郡山 飯田しのぶ

15時15分~15時30分
『縄文笛ミニコンサート』 縄文笛 毅(じょうもんぶえ つよし)さん

15時30分~ 交流会
ソフトドリンクやビールを飲んで、地域のみなさんと交流

参加費 1000円 ワンドリンク付き

(ビール&ソフトドリンク選べます)
※参加費をとらない小学生以下のお子さんのドリンクはご持参ください
※経費を引いた全額をこころと心をつなぐカフェin郡山の活動資金とさせていただ
きます。

(支援物資の購入、送料、ボランティア活動経費)

◆申し込み cococafe2012@gmail.comまで

『7/21申込み』と入れてください。当日参加も受け付けます!


◆場所 前原暫定集会施設 A会議室 (市役所本庁舎前)
  小金井市前原町3-33-27 JR武蔵小金井駅南口徒歩7分
◆お問い合わせ 飯田しのぶ cococafe2012@gmail.com

tel 090-1501-4253
http://bit.ly/NFUmJj

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。