げんぱつチョキチョキプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『高円寺ニャンダラーズ』に寄附しました

ご報告遅くなりましたが、

げんチョキの寄附先がひとつ決まり、4月に 10万円 振込みました。

ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございます!

高円寺 ニャンダラーズ
http://ameblo.jp/inaoigou/


高円寺で30年以上も存在する老舗のライヴハウス「稲生座」の店長、
佐藤洋平さん(通称:レイチェル)が中心となり、
原発被害で福島に取り残され、犠牲となった動物たちの保護活動をしているグループです。
グループといってもその数わずか3~4人と聞いています。
詳しい活動内容や福島の現状など、ニャンダラーズのブログやfacebookに常時アップされていますので、
ぜひお読み下さい!!

寄附先と決めた経緯を軽く・・・

事故直後、レイチェルさんの発信している言葉は、私にとって信頼できるものでした。
そして、福島に取り残された犬猫の活動を知ったのは、まもなくしてからの事。
同じ想いはあるのに、実際に行動できない、しない もどかしさ。。。

ほどなくして、げんぱつチョキチョキプロジェクト発足。
4人ほどでイベントや手売りで販売、Tシャツ1500円のうち500円を積み立てるもなかなか形にならない。
悩んだ末、2000円に値上げし、地道に活動すること2年、なんとかまとまった金額が集まりました。

そろそろ寄附したいね。
さて、どこに寄附しようか。
被災地支援の活動団体の候補がいくつも挙がりました。
私が真っ先に浮かんだのは...というより、ずっと想っていたのがこのニャンダラーズでした。
しかし、これまでにも、動物のことよりまず人間 と言われる場面は少なくなくありません。

ある日、メンバーに思い切ってニャンダラーズのチラシを見せながら想いを伝えてみると、
この人たちすごいね! ここにしようよ! 
今後もなんらかの形で応援していきたい!
・・・みんな気持ちイイほどの同意。
あぁ、げんチョキメンバーでよかったぁ 心からそう思います。

げんチョキでは、今後もニャンダラーズの活動を影ながら応援し続けていきたいと思っています。
どうぞよろしくおねがいします☆

catamocone


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。